倉敷ひらまつ農園
〒712-8031
岡山県倉敷市福田町浦田
1353-1
Tel:
086-455-6346
日中は農園で作業をしておりますので、繋がらない場合があります
Fax:
086-436-6347
E-Mail:
info@hiramatsu-farm.com

農園の今

最新情報


大学生の皆様がみかん狩りに来てくれました

DSC06657.JPG

2011.11.13mikan.JPG

2011.11.13mikann.JPG

撮影11月13日

収穫開始しました

早生みかんの着色が一層進みました。
11月7日から試験的に収穫をはじめた「三保早生」園、本格的にスタートしました。
DSC06644.JPG
子供達が喜ぶ顔を思い浮かべながら、これから12月一杯まで収穫作業が続きます。
撮影11月11日 品種;「三保早生」

早生みかんの着色が進んでいます

早生みかんの果実がかなり進んできています。収穫まで1ヶ月を切りました。
2011-10-21 15.27.14.jpg
撮影10月21日 品種;「三保早生」

早生みかんが色着き始めました

「三保早生」の果実が色着き始めました。
2011-10-02 10.06.23.jpg
撮影10月2日

草刈り中

草刈り中
除草剤を使わないように、草払い機で全園地を刈っています。
DSC06606.JPG
撮影9月25日

台風12号によって道路が封鎖、復旧しました

台風12号の大雨(9月2日に47.5mm、9月3日に183.5mmの記録的な雨)によって、
道路側面の土砂が崩れ封鎖されていましたが、数日前にようやく復旧しました。
DSC06604.JPG
撮影9月25日

猛暑の中、毎日みかんの「摘果」作業中(2011)

昨年同様、2011年(平成23年)も猛暑です晴れ。毎日、樹に成っているみかんの果実を「摘果」しています。
1本の樹から100〜200個の果実を取っていきます。こうすることで残った果実を大きくし、できるだけ
‘傷のない 果形の良いおいしい’みかんに仕上げています。
今年も、倉敷ひらまつ農園のみかんは順調に大きくなっていますわーい(嬉しい顔)

摘果前↓
DSC06580.JPG
摘果後↓
DSC06581.JPG
撮影2010年8月13日

収穫を本格的に始めました(2014年11月25日頃〜)

10111501.jpg ようやく完熟になりました。今年は夏以降の天候不順により、成熟が思うように進まず味が安定していませんでした。ここにきてようやく美味しく仕上がりました。予約受付順に順次発送いたします。

着色の進みが今年はサビダニの影響で少し遅い傾向になりました。みかんは果肉先行(外側の果皮より中味の果肉の成熟が早い)なので、中味には問題なく、美味しく仕上がっています。
1年かけて大切に育てました‘ひらまつ農園’のみかんをぜひお召し上がり下さい。

収穫までもう少し−かなり黄色くなりました(11月)

11032815

黄金甘味比「倉敷みかん」かなり着色が進んできました。

完熟までにはもうしばらく日数がかかりますので、もうしばらくお待ちください。

撮影2010年11月6日


早生品種が色着き始めました(10月)

早生品種の果皮が黄色に色着き始めています。

 11032814

今スーパーに並んでいるのは、「極早生品種」。

みかんは‘果肉先行’ですので、外観が緑色でもけっこう美味しいですよ。

毎日少しずつ酸含量が減少していきます。

「黄金甘味比倉敷みかん」もうしばらくお待ちください。

撮影2010年10月15日


クズの開花

クズが満開です。

  11032812

マメ科のつる性の多年草。根を用いて食品の葛粉や漢方薬「葛根湯」が作られる。秋の七草の一つ漢字は「葛」を当てる。

界 : 植物界 Plantae 、門 : 被子植物門 Magnoliophyta、綱 : 双子葉植物綱Magnoliopsida、目 : マメ目 Fabales、科 : マメ科 Fabaceae、属 : クズ属 Pueraria、種 : クズ P. lobata

  11032813

葛の花穂は下から上へと咲いていく。写真は下部の花は終わって既に落ち、中間部が咲いているところ。

撮影9月20日


裂果・サビダニの発生(9月)

 裂果

 11032810

摘果しています。撮影2010年9月20日


日焼け果が発生

岡山県岡山市の8月は日本一。観測史上最高の平均30.5度(平年27.9度)−岡山地方気象台発表−

この暑さで、上向きの‘天なり果’の果頂部に「日焼け果」が発生。商品にならないので摘果していきます。

11032809

撮影2010年9月5日


蝉(セミ)も育っています

我が家のみかん園では、セミの抜け殻がたくさん見つかります。

この写真はアブラゼミの抜け殻ですが、ほかにはニイニイゼミの抜け殻もよく見つかります。

ニイニイゼミの抜け殻は、株元ばかりで樹の上には見つからないですね。

11032808

撮影2010年8月9日

倉敷市内では、最近アブラゼミよりクマゼミが増えています。

アブラゼミは「ジジジジジ……」、クマゼミは「シャンシャンシャンシャン……」と鳴いています。


蜘蛛(クモ)も一生懸命がんばっています

 よく見ないとわからないかな?みかん園にはいろいろな昆虫が生きています。

 11032807

 倉敷の自然一杯の山の中でみかんは育っています

  11032806

 撮影2010年8月8日


かん水しています(8月8日)

梅雨明け後は雨が無く、猛暑が続いていまので、今日から‘かん水’始めました。

先端の葉が黄色になりかけている樹やダニの発生している園地も気になります。

 

傾斜地のみかん園には、ホースで手かん水しています

 11032804

タンク一杯の水は、600リットルです

 11032805


8月のみかんの作業「摘果」

2010年8月。ホームページのリニューアル1周年を記念して、倉敷ひらまつ農園の現在の様子を「農園の今」として定期的に写真でお伝えしていきたいと思います。 現在、「摘果」(てつか)をしています。英語では‘fruit thinning'といいます。 果実を大きくするために、‘傷ついた果実’や‘小さい果実’を間引いています。せっかく実が着いているのですが、全部残していると一つ一つの果実が大きく育ってくれませんし、樹が弱ることもあります。

 摘果前

11032803 

摘果後

11032802

1本の樹の下には摘果した果実が一杯になります。

11032801



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。