倉敷ひらまつ農園
〒712-8031
岡山県倉敷市福田町浦田
1353-1
Tel:
086-455-6346
日中は農園で作業をしておりますので、繋がらない場合があります
Fax:
086-436-6347
E-Mail:
info@hiramatsu-farm.com

コラム

塩レモン

 話題になって久しい塩レモン、漬けてみました。
10346620_693177100779380_5819871471872685918_n.jpg
早めに収穫したので
黄色くありません

材料
レモン(4個)と粗塩(レモン重量の10%程度)だけ。   
※ ワックスが付いていないレモンを使いましょう。倉敷レモンをどうぞ。
※ カットしたレモンとコップは塩漬と関係ありません。
 その他
レモンを塩漬けするビン(耐熱性)
(1) 水を入れた鍋にビンを入れ、そのまま火にかけます。
※ 必ず水にビンを入れて煮沸のこと。沸騰した湯にビンを入れると割れることがあります。
(2) 沸騰してから、5分ぐらい煮沸した後、火を止めてビンを取り出します。
取り出す時、さえ箸やトングを使うと楽です。
(3) 取り出したビンを、キッチンペーパーなどの上に置き冷まします。
 漬け方
(1) レモンを水道水で洗います。(亀の子たわしがあると便利)
(2) レモンのヘタを取ります。(包丁でレモンの先をカット)
(3) レモンを、真ん中で半分に切ります。
(4) 半分に切ったレモンを、さらに四等分します。
薄く輪切りにしたものを混ぜても良い様です。
(5) 瓶の底に粗塩を薄く敷き、レモンを入れます。
その後、粗塩とレモンを交互に入れます。余った粗塩はフタをする前にビンの中に振り入れます。
(6)2週間から4週間程度、冷暗所に置いておきます。
1週間に1回、上下を逆にして半日放置し、もとに戻します。朝起きて逆さまにし、寝る前に戻すぐらいでいいと思います。
  
10626819_693199120777178_7306363017847291156_n.jpg 
漬けたところ。

この写真で分かる残念な点は、レモンを縦に(長い方に)四等分したところです。更に半分に切れば良かった。

理由は・・・レモンを縦に四等分すれば分かります(笑)
   
10882182_726618067435283_248570312199271542_n.jpg
発酵して、いい香り。
 
漬け上がったものは、果汁と実と皮に分けます。

果汁と実はそれぞれビンに入れます。

皮は、細長くカットし、陰干しします。
冬から初春の晴れた日なら1日~2日程度で良いようです。

【レモン塩】
皮をみじん切りにした後、すり鉢に粗塩と共にいれ、すりこぎですり潰します。粗さは適当に。

※ 写真のアジシオの瓶は、大きさが分かるように置いています。
   
10858384_726618170768606_7757211537825297469_n.jpg
甘そうですが
しょっぱい
(><)
 
塩レモンの果汁です。塩果汁でしょうか?
種が入ってしまいましたが、使うときに取り除けば大丈夫でしょう(^^)
倉敷レモンで、塩レモン漬けはいかがでしょう!
3Kgからお分けしています。砂糖漬けやハチミツ漬けも試してみてください。
お申し込みは、こちらから。

倉敷みかんを使っていただいた「倉敷みかんミント」が大賞受賞!!

2015年02月5日に、東京ビッグサイトで催された「第17回 グルメ&ダイニングスタイルショー」において、総社市にあります酒蔵「ヨイキゲン」様のリキュール「倉敷みかんミント」がビバレッジ部門で大賞を受賞されました。
Gourmet&DiningStyleShow.jpg
おめでとうございます!と申し上げますと共に、些少なりともお役にたてたのではと、大変嬉しく誇らしく感じています。
これからも、黄金甘味比でしっかりと、みかんを感じられる「倉敷みかん」を作りつづけて参ります。
なお、ヨイキゲン様では2016年03月13日(日)に「新酒まつり 2016」が催されます。
この機会に足を運ばれますことおすすめ致します。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。